<   2018年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


こんにちは、栗林です。
本日は小川団地についてお話。

当社で工事を行い、販売中のこちらの物件。
室内の様子

内装もさることながら、外の環境もとっても素敵。
お庭は草木の管理もされていて、色とりどりのお花がこの時期は咲いています。
a0220446_17352419.jpeg

それから、裏には遊具があるのです。
a0220446_17360488.jpeg
それからそれから、年会費1500円で畑一区画が借りられ、
野菜が育てられます🥦

a0220446_17533419.jpeg

団地に住まいながら、土いじりも出来ちゃう。
そんな団地ライフはいかがでしょうか。

あいばの不動産サイトへ




[PR]
by aihousou | 2018-03-31 07:34 | 栗林
こんにちは!家づくりガイドの新です。
子供たちが春休みに入って、いつもとは違うリズム感を楽しまれている方、忙しくされている方、
いろいろといらっしゃるかと思いますが、
4月から始まる新年度を前に、なんとなく心がワクワクするのもこの季節ではないでしょうか。

新しい季節に備えて、私たち営業スタッフも日々知識の更新をということで、
先日、火災保険についての社内勉強会を開催しました。

a0220446_13133803.jpg





















新しい家を建てたり購入して、住み始める時には、
「火災保険」に加入する必要性があります。
私たちは、火災保険の代理店としても登録されています。

日々の暮らしの中で、もし修繕が必要な事故が起きた場合に、
ご連絡をいただければ、
・その事故が保険の対象になるかどうかの調査
・対象となる場合に保険金請求の手続き
・実際の修繕作業
など、すべて行いますのでお客様の手続きの手間が少なく済むこと、
他のこととあわせて、窓口がひとつになっていることが、
住んでからの安心につながると考えています。

a0220446_18354322.jpg





















営業スタッフ リーダーの豊福もしっかりとインプット中!!
これから、よりスムーズにお客様にご案内できるようになります。

・土地探し~不動産のこと
・新築の注文住宅
・新築の企画住宅
・建築家との家づくり
・中古住宅のリノベーション
・集合住宅のリノベーション
・家守り、メンテナンス
・火災保険、地震保険
・お金にまつわること・FP相談
・・・etc

家づくりにまつわるいろいろなことを、ワンストップでお応えいたしますので、
お気軽にご相談ください。
それでは!

(ガイド 新)


[PR]

a0220446_17120762.jpg
a0220446_17131950.jpg
こんにちは、豊福です。
相羽建設では、工事が終わって建物のお引渡し前にスタッフ総出
で現場検討会を行い、併せて気密測定を行っています。

営業、設計、工事の各担当者を進行役に、当該建物を講評したり
わからない事を質問したりします。
勿論担当者による自慢話もOKです🎵

厳しい意見が出ても、担当者は全て受け入れるルールで、
意見を言う側も、攻め心のない厳しさと馴れ合わない優しさで
真剣に意見するんです。
これもチームワークの一つだと思っています。
継続してきた事によってAIBA Styleを磨き築き上げていって
いるんです。
私たちにとって、とても大切な業務です。
a0220446_17120762.jpg


[PR]
by aihousou | 2018-03-27 16:50 | 豊福
こんにちは、栗林です。
桜が一気に咲きました。綺麗ですね。
ビールとお弁当を持ってお出掛けしたくなる気候です。
私は花粉症なのか、風邪なのかくしゃみと鼻水が止まりません。

さて、そんなぽかぽか暖かな本日、日曜日。
われらがつむじでは小冊子の発行記念イベントを開催しました。
本日のつむじ。
a0220446_15484518.jpg
準備段階で何やら屋台が出てきました。
手前の建物では、ワークショップを。
a0220446_15484591.jpg
こんなトマト缶に、ハーブを寄せ植え。
室内でも日向に置けば育ちそう。
a0220446_15484572.jpg
かわいい。

他にも、木でできたプランターに植えることも。
我が家は賃貸ですが、これだったらベランダに置けそう。
自家栽培のハーブで作るパスタや、ハーブティなんか嬉しくなりますね。
a0220446_15484535.jpg
一緒に土地を探したり、家を建てることだけが仕事ではなく、
やはりそこから始まる暮らしや、そこで始まる理想の暮らしを叶えたい。
そんな思いで住まいづくりに携わっています。

あいばの不動産

「住みたい家」がある場合の土地選び。




[PR]
by aihousou | 2018-03-25 15:58 | 栗林
こんにちは、豊福です。
相羽建設の新しいまちづくりプロジェクト秋津町分譲地
造成工事が進んでいます。
擁壁工事で地面を掘削しているのですが、キレイな関東ロームで
ガッチガチな地盤です。
お隣りは植木屋さんで緑も豊富、薪ストーブの薪も将来に
渡って確保されています🎵
植栽や雑貨のアンテナショップを兼ねたコミュニティ東屋を
現在計画中。
つながるご近所さんで集う東屋なんて想像しただけでワクワク
してきます!
現地ご覧になりたい方は、お気軽に連絡して下さいませ。
a0220446_21072784.jpg

[PR]
by aihousou | 2018-03-25 08:45 | 豊福
こんにちは、豊福です。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、昨日はみぞれ混じりの降雪でした。
今日もまだ何となく肌寒い感じです。
春はそこまで来ているのでしょうが、ここ数日の寒さで桜の開花も
少し遅れそうです。
a0220446_16474849.jpg













春といえば筍のシーズンです。食卓に筍のお刺身なんかが並び出すと
さわやかな春の息吹を感じ、幸せな気分になります。

実際、青々とした竹林を見ると本当爽やかさを感じます。私がよく通る
竹林ではこれからの早朝、ちょっと入ってみると朝獲れの筍を地主さん
がせっせと獲っている光景に遭遇します。
昔からよく遭遇していたので、私の中ではこの季節の風物詩となって
います。そして時々いただけたりするので、実は楽しみにしています✿

ところで竹の根は広く浅く伸びていくので、どんどんお隣の地所へ
伸びていってトラブルに、、なんて事も実はあるそうなんです。

お隣りから生えてきた筍について、権利関係を民法的には
隣地の竹木の根が境界線を超える時にはその根を切り取る事が出来る
と定めています。
と言うことは、生えてきた筍を頂戴してしまっても民法上は問題ない
と解釈できます。
おぉ、そういう事なんですね。

それではお隣の柿の木の枝が伸びて、こちらの家に垂れてきた場合の
権利関係はどうでしょう。民法では、
隣地の竹木の枝が境界を越えて侵入してきた場合、その所有者に剪除
させる事が出来る。と定められています。
と言うことは、「切ってほしい」と依頼する事は出来るが、勝手に
切ることは許されない。勝手に柿の実をもいでしまっては駄目という
ことです。
昔の漫画サリーちゃんなんかで、カブが隣家の柿の実を勝手にもいで
叱られている場面がよくありましたが、こう言う意味だったんですね。

こうしてみると、上空から来るものと地面から来るもので扱いが変わる
んですね。
もっとも権利行使の濫用は認められないので、どちらかの一方的な言い
分では権利は行使できません。
トラブルの相手方と話し合えない関係になってしまっては仕方あり
ませんが、前向きに解決に迎える意志と関係性が重要です。
それが大人のコミュニケーションなのかな、なんて思っています。

[PR]
by aihousou | 2018-03-22 17:57 | 豊福
このブログを見て、アレッ!?と思われたアナタは、かなりのAIBAフリークです!!

ついに再始動したAIBA放送。
私たちの動画シリーズは、もしかすると時代を先取りしすぎてしまっていたのかもしれません(笑)
こちらではしばらくぶりなので、動画の方と通常のブログ形式と、バランスを取りながら発信していきたいと思います。

どうぞお楽しみに!!

ーーーーーーーーーー

卒業式、卒園式が終わって、
いよいよ4月から新学期が始まるご家庭も多いかと思います。
そんな中、皆さんに家づくりのABCを楽しく学んでいただいている「あいばの家づくり学校」も新学期を迎えます。

ということで、
4月の家づくり学校は、いつもの内容を拡大したスペシャルバージョンでお届けします。

『あいばの家づくり学校【新学期特別編】』

日時:4月15日(日)10:00~15:30
会場:「つむじ」

①はじめての基本講座 10:00~11:30
②ほしい家とお金のバランス 12:30~14:00
③土地の選び方講座 14:00~15:30

という、一日で家づくりにまつわる基本的な部分を、
ひと通りおさえられるという内容になっていて、忙しい皆さんにぜひ活用いただきたいイベントです。

a0220446_17315816.jpg





















各回とも、参加ご希望の場合は、事前のご予約制となっていますので、
相羽建設0120-145-333もしくは、ホームページの申込みフォームよりお申し込みください。

「土地の選び方講座」では、不動産屋とは一味も二味も違う、
私たち家を建てる側からの見立ての仕方、ここだけは必ずおさえるべきというチェックポイントを、
今までの経験をもとに、リアルにお伝えいたします。

a0220446_17392125.jpg





















現地を見に行ってすぐには気付かないことでも、
それが建築をする時に影響が出ること=よけいにお金がかかることもあったりします。

私たちは、不動産事業も行いながら、建築をメインで行っていますので、
両方の目線をもって、気になっている土地の見立てを行うことができます。

先に進んでから、それは知らなかった!そうとは思わなかった!
とならないためにも、家を建てるところと一緒に土地を選んでいく。大切なポイントだと思います!

皆さんのご参加をお待ちしています!!

(ガイド 新)


[PR]
現在、杉並区で戸建のリノベーション工事をさせていただいています。
解体工事が始まったばかりで浴室などの水回りの土台が傷んでいないか心配をしていましたがきれいな状況でした。
a0220446_18274630.jpg
浴槽と床のタイルを撤去した状態です。
a0220446_18290454.jpg
キッチン側との間も大丈夫でした。
a0220446_18290903.jpg
キッチンを取り壊しAIBAオリジナルキッチンが設置されます。
a0220446_18291485.jpg
築35年以上の建物ですが、断熱材もしっかり入っていて安心しました。

今回ご紹介したお宅ではありませんが、リノベーションが完成した建物を一日限定でご覧いただけます。
4月8日(日)10:00~16:00
ご予約制としていますので、下記へお申し込みください。
0120-145-333

a0220446_18265097.jpg
土地・戸建を探されている方に「土地の選び方講座」を開催します。私たちと一緒に土地探しからお手伝いをします。




[PR]

こんにちは、豊福です。今回は、損害保険について

給排水設備等の不具合により、建物や家財が漏水や水濡れの被害にあって

しまった場合、水濡れ事故として損保で補償されます。

この水漏れ事故による補償対象は、予測ができず突発的に発生した事故に

起因する被害が前提となります。

a0220446_16541644.jpg
よって給排水設備の老朽化から漏水した場合は予測が可能だった事故

として、ちゃんと補償されないこともあります。

また長時間かけて徐々に進行した被害も突発的とは言えないため、補償

の対象とはなりません。

なお補償の対象となるのは水濡れによる損害であり、給排水設備自体の

修理費は補償されません。

ちなみに「水濡れ」と「水災」とは同じ損保でも扱いが異なります。

集中豪雨などで建物が床上浸水してしまった場合などは「水災」の扱い

になります。定義としては、床を超える浸水または地盤面より450mmを

超える浸水を「水災」といいます。

また雨水の侵入を防止る部分の不具合(屋根や壁、窓や戸など)は瑕疵

であり、瑕疵担保責任の範疇になります。

何にしても日頃のチェックとメンテナンスが大切という事ですね。

相羽建設の家守り会について詳しくはこちら

http://aibaeco.co.jp/mainte/


[PR]
by aihousou | 2018-03-18 16:56 | 豊福

こんにちは、お久しぶりです。栗林です。
街はすっかり春の心地でふんわり花の香りがしてきました。
そろそろ花粉症が発症しそうな気がしています。

さて、本日はつむじのお庭のメンテナンスについて。

相羽建設では、お引渡し後の定期的なおうちのメンテナンスをすることを
「家守り-いえまもり-」と読んでいます。ヤモリもかかっています。
※家守りについての詳細はコチラ

定期的にというのが大切で、人の身体も病気の早期発見には早めの受診が肝心。
家も同じだと思っています。
永く、愛着をもって大切に住んでいただきたいからこそ、
こういった日頃のお手入れを心掛けていただいてます。

本日のつむじでは、業者さんにお願いをしてお庭のお手入れを行っていました。
芝がこれからぐんぐん伸びる前に少しだけカット。
人の髪の毛で言う枝毛部分を今の時期にカットしたそうです。
もう少し温かくなってきたら長さの調整を行うそうです。

ありがとうございました。引続きよろしくお願いします!
a0220446_17151949.jpg



















●相羽建設の家づくりのスタートにぴったり
家づくり学校
●-まちづくり、ひとつなぎ-
あいばの不動産





[PR]
by aihousou | 2018-03-17 17:27 | 栗林