2018年 08月 12日 ( 1 )

東村山市美住町に西武線の黄色い電車を利用して図書館があるのを知っていますか?
地元の方でも知らない方は多いのではないでしょうか?

近所の子供たちが本を借りにきたり、紙芝居を見に来たりします。



手しごと応援メディア『つむじ』vol.6発行記念イベントのお知らせ
「世界を広げる居場所」で活動する人々のワークショップ&トークセッション
手しごと応援メディア『つむじ』vol.6発行記念イベントのお知らせ
「世界を広げる居場所」で活動する人々のワークショップ&トークセッション



a0220446_12341349.jpg

今回のつむじでは、こちらで働く方やつながる人々をご紹介しています。

▲「文庫サイズのハードカバー本をつくる」(ワークショップ)
9月2日(日)・9(日)PM1:30~4:00

のりやカッターなど、どこの家庭にもある道具を使って、文庫サイズの本をつくります。完成後は、地元食材を使用した美味しいおやつをいただきながら品評会を行ないます。
参加者全員に豆本プレゼント!
・定員:7名(事前予約制)
・参加費:1,000円(2回分/材料費込み)
※材料・道具類はこちらでご用意いたします。
※2回にわたって1冊つくります。

講師:東村山製本研究会 鎌田敏雄さん
数学の教師、および校長を務め、東京都立中央図書館を経て、2003年に東村山製本研究会を設立。お酒はビール党、甘いものではあんが好き。
東村山製本研究会 製本講習会、ボランティアによる図書館の蔵書補修を行なう。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/hm-seihon/



[PR]