2018年 07月 02日 ( 1 )


こんにちは、真夏のような日が続いていますね。
暑さと太陽には弱いので気をつけないとなりません。

さて、先日お客様と一緒に見に行った土地のご紹介。
土地には①市街化区域=市街化することを計画的、優先的に進めていく地域。
家を建てたりする事も許されている区域。
反対に、②市街化調整区域=原則として、市街化することを抑えている区域があります。

今回はこの二つ目の区域に、原則建てたれないエリアの土地を見てきました。
家を建てられないがエリアのはずが、
おや。家が建っている。
?市街化ダメということは、家も建てられないんじゃないの??
a0220446_15113994.jpeg
いろんな条件をクリアして、購入することができる土地もあるのです。
メリットは、面積の広い土地の価格が比較的安い
デメリットは、ライフラインなど上下水が引かれていない
宅地でない場合があるのでその場合は、宅地に変える申請が大変、、
(許可されないと家を建てられないが、許可されるかは出して見ないとわからない)

このまま見るとデメリットというか不確定が多いことが気になりますが、
乗り越えると家づくりの総額が抑えられるというメリットも大きい。
いろんなカタチの家づくりがあるのです。
※詳しはお問い合わせください。

栗林


[PR]
by aihousou | 2018-07-02 14:58 | 栗林