柱・梁が立ち上がりました

東村山の家では、和歌山県 紀州 山長商店さんの材を利用しています。
植林から伐採、プレカットまでを一貫して自社で行っている会社です。

a0220446_17504667.jpg
a0220446_17511391.jpg
水率測定ならびに強度測定の結果が、自動的に材に印字されます。
合格品には日本農林規格(JAS)に基づいて、ヤング係数による機械等級区分強度と含水率、樹種、寸法等を表示するだけでなく、どこで伐採された木材であるか を示す木材表示推進協議会(FIPC)の認証マークを付け、明確な産地表示(紀伊半島産)を行います。

この品質検査を、柱材、土台材、梁桁材など、生産される全ての材に対して行います。
一本一本には全て異なるシリアルナンバーが記され、強度情報や乾燥情報を保存することにより、より良い製品づくりに生かしています。 一本一本を測定し、その結果を印字することによって実現できた「木材性能の見 える化」。 誠実かつ厳格な品質管理と、それを表示することにより、住まい手の皆様が安心 してお使い頂ける製品づくりを行っております。
詳しいことは、下記のホームページをご覧ください。



a0220446_17503678.jpg





天気に恵まれて無事に立ち上がりました。



[PR]