どのタイミングで相談するのが一番良いでしょう??

今週末から三連休ですね!お出かけの予定を立てている方も多いと思いますが、
水分補給や暑さ対策をお忘れなく、また車の方は安全運転でお出かけください。

相羽建設では、7月を家づくりワクワクMONTHとして、
先週は7日のつむじ市、8日のトトロの森を望む家住まい手さんの家見楽会 を開催しました。

今週は、16日(月祝:海の日)に、
家づくり学校【楽しい家づくりの基本講座】を行います!
①AIBAが大切にしていること
②家づくりで一番はじめにすべきこと
③時間を大切にした家づくりの進め方
という三つのテーマに沿ってお話しします。

a0220446_12255208.jpg






















土地を購入して、家を建てる という、「注文住宅」と呼ばれる、
(この呼ばれ方に違和感もありますが)家づくりを考えられている場合、

どのタイミングで、実際に家を建てる建設会社、工務店に相談をするのが良いでしょうか。

それぞれの一番得意な部分について、動いてもらうことは大切なポイントですが、
土地は不動産屋、建物は建設会社。 とキッパリと分けてしまうのはお勧めしません。

一番もとになる「こういう暮らしがしたい!」(目的)ということがあって、
そのための家、そのための土地(手段)ということなので、
一連の流れを、途中でキッパリと切ってしまわない方が良いのです。

そのための家が建ちそうな土地であるか、
建築屋としての目線で、周辺環境や道路も含めその土地の見立てをします。
宅建士という有資格者の目線でも、ポイントとなる部分をチェックしていきます。

また予算の部分もポイントです。土地が決まってから、建設会社を探す場合には、
全体の中から土地の予算が確定しているため、建物の予算も決まってくるのですが、
そこではじめて、自分たちが建てたい家には、これくらいのお金がかかるの?? となってしまっては大問題です!

不動産屋の説明では、この予算なら「十分に家が建ちますよ」と言われても、
どんな工務店のどんな家なのか、そもそも「こういう暮らしがしたい!」の共有が出来ていなければ、
バランスのとれた家づくりになっていかないかもしれません。

ということで、

「どのタイミングで相談するのが一番良いでしょう。」

の答えは、

「土地を探し始める前」

だと考えています!!

でも、いきなり個別相談という前に、
自分たちの家づくりの相談相手として、ここの会社はどうなのだろう?? ということがありますよね。

多くのモデルハウスや完成見楽会だけでは、建てている家そのものは見れて建材や設備の説明を聴けても、
価値観や想いのような部分まで含めて、
家づくりの相談相手としてどうか という所まではわからないのではないでしょうか。

気になっているところの「住まい教室」的なイベントに参加されると、
家づくりパートナーとして、自分たちのモノサシと合っているかが見えてくると思います。

a0220446_18250349.jpg




















私たち相羽建設では、月に一度「あいばの家づくり学校」を開講しています。
ホームページや、月刊誌「ainoha」をご覧になって、
私たちのことが気になっているのであれば、まずはこの家づくり学校へ。

今月は、7月16日(月祝:海の日)に開講します。

みなさんの限られた貴重な時間を、ぜひ、有効にお使いください!!
ご参加をお待ちしています。


(ガイド 新)


[PR]
by aihousou | 2018-07-13 08:07