太陽の熱と光を使って健康な住まいを建てよう

相羽建設は、太陽の熱や光を利用した家づくりを行っています。
屋根に降り注ぐ太陽のエネルギーを最大限利用したシステムが、「OMソーラー」です。
ホームページをご覧ください。

OMソーラーの仕組みも何種類かあります。
あなたの暮らしに合った選択をすることができます。
a0220446_17170756.jpg
a0220446_17185813.jpg

そして、新たに2018年秋に販売開始される「OMX」
OMXは、太陽熱利用とヒートポンプ、熱交換の3つの技術を組み合わせた暖冷房・給湯・換気システムです。
これからの技術をもっとエネルギー効率が高い組み合わせで運転を制御して快適な温熱環境を実現します。

OMソーラーの冬は、太陽がでていない日は他の補助暖房を活用し夏の冷房はエアコンや扇風機を利用する暮らしでした。寒い日も暑い日もOMXだけで補えます。

外回りに室外機がたくさん置かれたり、室内の壁に突起物も少なくなりスッキリとしたデザインが可能となります。

年配者の方が熱中症になるケースも多いですが、家全体を安定した温度で暮らしやすい室温を保つことでヒートショックも少なくなり、健康で安心な暮らしができると感じました。

住まいと健康に関する実証調査では、
1. 就寝中の寝室の室温が低いと、朝の血圧は上昇
2. 断熱性能の低い住宅では、居間と寝室の温度差が大きい
3.暖房方法の違いにより、居間と寝室の室温差は変化する
4.断熱性能の低い住宅では、起床時の居間とトイレの温度差が大きい




あなたに合った住まいが見つかるかもしれません。

7月16日(月祝)家づくり学校へお申し込みください。
お待ちしています。


相羽 照美






[PR]